不動産を担保にお金を借りる方法

お金が無い!そのピンチを家や土地を担保に借りれる不動産担保ローンで切り抜けよう!どこなら審査に通りやすい?必要書類は?即日借りれる?そんな疑問もこのサイトで解決!

不動産を担保に相続税の納税資金を借りる

不動産を担保に相続税の納税資金を借りる

父親が持っていたマンションを相続したけど相続税が払えない・・。
相続した不動産を担保にお金を借りて、相続税を支払うという方法もあります。

相続税は、原則として、相続してから10ヶ月以内に申告し、現金で一括納付することになっています。もしも、期限内に払えなければ、延滞税と無申告加算税がかけられます。また、相続税のことを知りながら故意に申告しなかった場合は、重加算税が課せられることになります。

忘れないうちに、なるべく早く支払ってしまったほうがよい相続税ですが、現金で相続税を払う余裕がない・・という方は、相続した不動産を担保にして相続税を支払うという方法もおすすめです。

特に、ノンバンクの不動産担保ローンなら、柔軟審査でスピーディーな融資が可能な上、資金使途が自由なので、銀行での借り入れを断られた方でも、相続税の納税資金として借りれる可能性があります。

相続税の納税資金として借りれるノンバンクの不動産担保ローンはこちら!

不動産担保ローンなら相続した不動産を手放さなくて済む

不動産担保ローンなら相続した不動産を手放さなくて済む

相続税を支払うために、相続した不動産を売却する方法や、物納する方法もありますが、不動産担保ローンなら相続した不動産を手放さずに済みます。

相続税を支払う資金がない場合には、「相続した不動産を売却する」「相続した不動産を相続税として納める(いわゆる物納)」という方法もありますが、どちらも相続した不動産を手放すことになります。

不動産の売却や、物納で相続税を納税する方法は、不動産を整理したいと思っている方には、適した方法ですが、思い出がある家を手放したくないという方や、訳あってどうしても相続した不動産を手放したくないという方には不向きです。

特に、立地に優れた場所に土地を相続した場合は、評価額が高く、さらに資産価値が上昇することも考えられるので、相続税のために手放すのはもったいない話です。

そんな時に不動産担保ローンを活用すれば、相続した土地を手放さずに相続税を納税することができます。

納税資金として借りれる不動産担保ローンはこちら!

不動産担保ローンなら譲渡所得税が発生しない

不動産担保ローンなら譲渡所得税が発生しない

相続税を納税するために不動産を売却すると譲渡所得税が発生しますが、不動産担保ローンなら物件を売却するわけではないので、譲渡所得税はかかりません。

相続税を支払うために、相続した不動産を売却すると譲渡所得が発生してしまいます。所得が発生しますので、当然のように税金がかかってきます。

相続税を払うために、不動産を売却するのに、また税金がかかってしまうのです。

ですが、不動産担保ローンなら、不動産を担保に相続税を支払うための資金を得ることになるので、譲渡所得税が発生することはありません。

まとまった資金を低金利で借りれ、長期的な返済が可能な不動産担保ローンは、相続税の納税資金にも向ていています。

不動産を担保に相続税の納税資金を借りたいならこちら!

Copyright© 不動産を担保にお金を借りる方法 , 2020 All Rights Reserved.