不動産を担保にお金を借りる方法

お金が無い!そのピンチを家や土地を担保に借りれる不動産担保ローンで切り抜けよう!どこなら審査に通りやすい?必要書類は?即日借りれる?そんな疑問もこのサイトで解決!

年金受給者でも借りれる不動産担保ローン

2019年8月19日

年金収入でも借りれる不動産担保ローン

年金暮らしですが、不動産担保ローンは借りられますか?
不動産担保ローンは年金収入でも借りることができます。

一般的なカードローンでも、年金収入だけではお金は借りられない・・というところも数多くあるので、借入先を探すのに苦労することもあるかもしれません。

ですが、不動産担保ローンなら、「融資時に担保となる不動産があればOK」という部分が強いので、年金受給者でも担保にできる不動産さえ準備できれば、融資してもらえる可能性が高いのです。

  年金収入でも借りれる不動産担保ローンはこちら!

不動産担保ローンなら年金受給者でも年収の3分の1以上でも借りれる

不動産担保ローンなら年金受給者でも年収の3分の1以上でも借りれる

現役で働いていた頃に比べて収入も少なくなる年金収入なので、年収の3分の1までと制限のあるカードローンで借りるには、借りれる金額も少なくなるかもしれません。

ですが、不動産担保ローンなら、総量規制の対象外となるローンなので、年収の3分の1以上の金額を借りることもできます。

年金暮らしだけど、どうしても高額お金が借りたい・・!という時には不動産担保ローンを利用してみるとよいかもしれません。

年収の3分の1以上でも借りれる不動産担保ローンはこちら!

総量規制とは?

総量規制とは、過度な借入れから消費者を守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されている制度です。

総量規制の例外や対象外となるローンもあり、不動産担保ローンがその一つになります。

例えば、土地を担保にお金を借りる場合や、別荘を担保にお金を借りる場合などですと、年収の3分の1以上の高額借りれるといったケースも多々あります。

ノンバンクの不動産担保ローンを借りる場合は、不動産価格の7割程度までは借りれるとされています。

ただし、自宅を担保に不動産担保ローンを借りる場合には、総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りれませんので注意してください。

年金収入に加えて収入があれば、さらに借りれる可能性大に!

年金収入だけでも、不動産担保ローンを借りる事は出来ますが、プラスして毎月一定の収入があれば、さらに審査に通りやすくなります。

年金暮らしでも、不動産担保ローンを借りる事は可能ですが、年金収入のほかに、アルバイトなどで毎月一定の収入ある、アパートなどを経営していて、毎月家賃収入があるなど、年金収入以外にも収入がある状態なら、安定した収入があるとみなされて、審査にも有利に働きます。

年金暮らしで審査に通る自信がない時には、アルバイト収入などを得ることを考えてみるとよいでしょう。

年金収入だけでどうしてもお金が借りたい時には。

審査基準の厳しい不動産担保ローン会社を選んでしまうと、年金収入だけでは審査に通らない可能性もあります。

年金収入だけの暮らしだけど、どうしてもお金が借りたい・・!

そういう状態であれば、ある程度融通をきかせてくれる、審査の甘いノンバンクの不動産担保ローンを選ぶとよいでしょう。

そういう所であれば年金収入だけでも、不動産の担保価値を重視してくれるので、より借りやすくなります。

年金受給者でも借りれる不動産担保ローンはこちら!

Copyright© 不動産を担保にお金を借りる方法 , 2020 All Rights Reserved.