不動産を担保にお金を借りる方法

お金が無い!そのピンチを家や土地を担保に借りれる不動産担保ローンで切り抜けよう!どこなら審査に通りやすい?必要書類は?即日借りれる?そんな疑問もこのサイトで解決!

不動産担保ローンを利用する時の必要書類

2019年6月26日

不動産担保ローンに必要な書類  

不動産担保ローンを借りるにはどんな書類が必要?

不動産担保ローンを借りるには、「不動産登記簿謄本」「公図」「建物登記簿」「印鑑証明書」「本人確認書類」などが必要になります。

不動産担保ローンは、不動産を担保にするため、複数の必要書類が必要になります。

カードローンは、担保が必要ないため、免許証などの本人確認書類さえあれば借りれることもありますが、不動産担保ローンの場合は、その担保となる不動産がいったいどのくらいの資産価値があるのかを判断するための書類が必要になってきます。

不動産担保ローンの必要書類は、申し込むローン会社によって違いますが、主に下記の書類が必要になります。

不動産担保ローンに必要な書類(審査時)

不動産登記簿謄本(登記事項証明書)
土地・建物に関する所在・面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係などが記載されています。
公図
土地の位置や形状を確定するための法的な図面です。
建物図面
その建物の敷地と建物の位置関係、各階ごとの形状、面積などが記載されています。
地積測量図
登記所で保管されている1筆ごとに作成された土地の測量図のことで、土地の形状・面積・方位及び隣接地番、境界標の種類、境界点間の距離などが記載されています。
固定資産税納付証明書
土地や建物に対して支払った税金を証明する書類です。不動産を売却する際の参考価格としても利用されます。

不動産担保ローンに必要な書類(契約時)

登記済権利書
不動産について登記が完了した際に、登記所が登記名義人に交付する書類です。次に権利を移転したり抵当権を設定したりするときに必要になります。
収入証明書や所得証明書など
源泉徴収票など収入を証明する書類です。返済能力があることを証明するための書類になります。
印鑑証明書
印鑑(実印)が登録されていることを証明する書類です。契約時に実印が必要となるため、それを証明するため必要になります。
本人確認書類
運転免許証や、保険証、パスポート、マイナンバーカード、住民票などが本人確認書類として利用されます。

これらの必要書類は、ローン会社によっても違いますので、融資の申込時に確認しておくとよいでしょう。

また、一般的に、銀行の不動産担保ローンより、ノンバンクの不動産担保ローンの方が必要書類が少ないと言われています。

ノンバンクとは?

銀行のような預金の受け入れ機能を持たずに、融資のみを行う金融機関のことです。

「書類を揃える手間をできるだけ省きたい!」「急いで不動産担保ローンを借りたい!」という方には、ノンバンクの不動産担保ローンがおすすめです。

必要書類が少ないノンバンクの不動産担保ローンはこちら!

ここなら、インターネットでの申込時には、「担保物件の種類」「担保物件の所在地」「土地面積」「建物築年数」「住宅ローンの残高など不動産担保による借入金額」さえわかれば不動産担保ローンを申し込むことができます。

不動産担保ローンに必要な書類の入手場所

不動産担保ローンに必要な書類はどこでもらえばいいの?
不動産担保ローンに必要な書類は、法務局や市役所などで交付してもらえます。

不動産担保ローンに必要な書類の入手先は以下になります。

法務局で入手できる書類
不動産登記簿謄本(登記事項証明書)・公図や建物図面・地積測量図
市役所で入手できる書類
所得証明書・住民票・印鑑証明書
勤め先の会社で入手できる書類
源泉徴収票
税務署で入手できる書類
固定資産税納付証明書

「登記事項証明書」や「納税証明書」など、インターネットで交付してもらえる書類もあるようです。忙しくてなかなか役所に行けない方は、こちらもチェックしておくとよいでしょう。

土地を担保にお金を借りる時の必要書類

土地を担保にお金を借りる

土地を担保に融資を受けたいんだけど、どんな書類が必要なの?
土地を担保にお金を借りるには、「不動産登記簿謄本(登記事項証明書)」「印鑑証明書」「本人確認書類」などが必要になります。

土地を担保にお金を借りるには、不動産登記簿謄本(登記事項証明書)、印鑑証明書、収入証明書、本人確認書類、実印などが必要になります。

家を担保にお金を借りる時の必要書類

家を担保にお金を借りる

家を担保にお金を借りたいんだけど、必要書類は?
家を担保に不動産担保ローンを利用する時には、「不動産登記簿謄本(登記事項証明書)」「収入証明書」「本人確認書類」などの書類が必要になります。

家を担保にお金を借りるには、不動産登記簿謄本(登記事項証明書)、印鑑証明書、収入証明書、本人確認書類、実印などが必要になります。

事業者が不動産担保ローンを借りる時に必要な書類

会社を経営していますが、不動産担保ローンを利用するには、どんな書類がいりますか?
会社を経営している方が不動産担保ローンを利用する場合には、「商業登記簿謄本」「各種納税証明書」「決算書」「本人確認書類」などが必要となります。

事業者が不動産担保ローンを利用するときの必要書類は、主に以下の書類が必要です。

不動産担保ローンに必要な書類(事業者)
商業登記簿謄本
決算報告書
事業計画書
納税証明書
本人確認書類(法人の場合は代表者のもの)
印鑑証明書
登記済権利証など

上記以外の書類が必要となるところもあります。

不動産担保ローンは、法人でも個人事業者でも利用することができます。

不動産の価値が融資の主な審査基準となるため、会社の直近の決算が赤字でも融資を受けることが可能です。

一般的に、銀行の不動産担保ローンより、ノンバンクの不動産担保ローンの方が必要書類が少ないと言われています。

「書類を揃える手間をできるだけ省きたい!」「急いで不動産担保ローンを借りたい!」という経営者には、ノンバンクの不動産担保ローンがおすすめです。

必要書類が少ないノンバンクの不動産担保ローンはこちら!

Copyright© 不動産を担保にお金を借りる方法 , 2020 All Rights Reserved.